島田翼 島田翼

島田翼(PRIZMAX)

神奈川県・横浜市出身。フランス人を祖父にもつクォーター。ミャンマーを中心とした海外での人気も高い国際派ダンス&ボーカルユニット・PRIZMAXのパフォーマーとして活躍中。

ダンスボーカルユニット・PRIZMAXのパフォーマーという以外にDJ、あるいはレコード収集家という肩書きを持つ島田翼さん。ファンの方なら既にご存知かもしれませんが、彼のレコードへの情熱は並大抵のものじゃありません。そのことが良く伝わるであろう今回のインタビュー、ぜひご一読のほど!

——パーソナルバイヤーの印象を教えてください。

アナログなんだけど、新しくて面白いサービスですよね。僕自身も昔、音楽的な影響を受けた先輩から曲を教えてもらったり、CDを貸してもらったりしてきてたんですけど、音楽のシェアの仕方としてはそういう感覚にちょっと近いのかなと。

——DJとしても活動されていますが、レコードを聴くようになったそもそものきっかけは?

昔習っていたHIPHOPのダンスがきっかけです。レッスン中に掛かってた気になる曲を、「これ何て曲ですか?」ってダンスの先生に聞いてチェックしてたんですよ。その流れでHIPHOPに興味を持つようになり、7inchのブレイクスを2枚使いする、みたいな特有のカルチャーにも憧れましたね。だけど当時の僕は中学生でお金もなかったので、お小遣い握りしめて中古レコード屋へ行って、100円位の安いレコードを買い漁る日々でした(笑)。


——レコードの魅力とは、ズバリ何でしょうか?

“所有感”ですかね。データ音源でDJすることだってできるんですけど、音楽がオンライン上で共有・消費されていく時代に、それをレコードとして所有することでより有り難みを感じるし、いつどこで買ったとか記憶としても残るじゃないですか。時間を掛けて音楽を聴くっていう体験はレコードならではの貴重なもの。それに、ジャケットを目で楽しめるっていうのも魅力的ですよね。

——普段はどうやって音楽を聞いたり、探したりしていますか?

レコードはもちろん聴いていますが、移動中とかはサブスクやラジオを聴いています。山下達郎さんのラジオ番組(『サンデー・ソングブック』TOKYO-FM系 全国38局ネットで毎週日曜オンエア)は毎週聴いていますよ。曲を探す時はレコード屋へ足を運んで、という感じですね。テクニーク(パーソナルバイヤーの運営にも携わっている渋谷の老舗レコードショップ)の情報はネットでも毎日チェックしているし。昔から時間さえあればレコ屋に通うのが習慣だったんで、行かないと落ち着かないんですよ(笑)。気に入ったのがなければ買わなくてもいいんです。そこに行って音楽を探しに行くっていう時間が僕にとってはすごく大切。あと、知らない曲の調べ方も結構アナログかも。例えば、イベントやバーとかで気になる曲が掛かってたら、掛けている人に直接聞いちゃう。SHAZAMとかアプリはあんまり使わない方かもしれません。

——確かにアナログですね!
それでは、本日持って来ていただいた選りすぐりのレコード3枚をご紹介ください。


■J Dilla『Donuts』
僕にとってすごく大切なアルバム。HIPHOPってある意味、「これぞHIPHOP!」みたいな良くも悪くも型にハマっている音楽っていうイメージがあって。ある時期の僕はそこにのめり込んでしまったために、音楽的な視野が狭くなってたんですね。その時に出会ったのがこれ! サンプリングとか、曲作りの手法としてはすごくHIPHOPなんだけど、とにかく実験的なんですよ。J Dillaはこの作品をリリースした3日後に病気で亡くなってしまうんですが、死を覚悟した人間が最後にやり遂げた実験作なんだと思って聴いてると、死生観を問われているような気がして……。一方で、HIPHOPってこんなにフリーフォームなものでいいんだって認識させてくれたのもこの作品。これをきっかけにビートミュージックに興味を持つようになりました。僕の音楽性を広げてくれた1枚とも言えます。めちゃくちゃ影響受けました!

■山下達郎『 It's A Poppin' Time』


前々から欲しかったアルバムで、最近ちょうど京都のTORADRA RECORD(中古レコード屋)で見つけて、即買いした1枚。ちょっと高かったんですけどね。これ、不思議なことに1曲目と最後の曲だけスタジオ録音なんだけど、それ以外は全部ライブバージョンなんです。僕は元々ライブ盤が好きなんですが、これに収録されたライブ音源はスタジオ録音じゃないかって位の高クオリティ。だけどライブならではの臨場感もあってとにかく圧巻なんですよ。参加しているメンバーもめちゃくちゃ豪華です。

■UNKNOWN『HOSTOM 003』


これはもうDJなら誰でも知ってるんじゃないかなという定番で……(いやいやいや……という周囲のツッコミに遮られる)……あれ、違いますかね(笑)。ジャンルでいうと、“ミニマルハウス”にカテゴライズされると思うんですが、アップリフティングなグルーヴが走ったり転がったりしてる感じすごく好きで。今でもDJで掛けている曲だし、この1枚をきっかけに自分の音楽性がさらに広がった感じがします。だけど面白いのが、ハウス系のレコードって、これもそうだけどアーティストの名前すらわからないっていう代物が多いんですよ。最初見た時は謎しかなかった(笑)。でも、この実態がなんだか分からないけど曲だけで勝負して評価される感じって、実は音楽として一番素直で純粋なことなのかなって思うんです。誰々の作品だからっていう先入観が何もないわけですし。ジャケットに関しても同じ。まっさらな白盤にスタンプ1個押してあるだけだったり……、いや。なんならジャケットすらないことだってあるっていう。まあ、それでも平気で買っちゃうんですけどね。

——バリエーションに富んだ3枚ですね。ちなみに、ルーツ的なところで言うとやはりHIPHOPになるんですか?

音楽を自発的に聴くようになったのはHIPHOPですが、もっと遡ると、親父が聴いていたディスコとかダンスクラシックの影響もありますね。幼稚園の頃から、マイケルの『OFF THE WALL』とかが車の中で掛かっていました、しかもカセットテープで(笑)。乗ってた車がボロかったんで、ラジオかカセットしか聴けなかった気がします。そんな原体験がありつつ、ダンスを通して90年代のHIPHOP、特にニュースクールにハマって……って流れです。当時、周りにもダンスやってHIPHOPを聴いてた連中はいましたけど、僕の掘り方は結構異常だったので、中々付いてきてくれるヤツはいませんでしたね。


——……なんか分かる気がします(笑)。ちなみに今回、パーソナルバイヤーとしてはどんな曲を選ぶ予定ですか?

自分がアナログで聴きたい曲や、影響を受けてきた音楽。あとは、例えば遊びに行った女の子の家にポンと置いてあったら、「え! このコ、こんなの聴いてるの!?」って個人的にテンションがブチ上がってしまうレコードなんかも選びたいなと思っています(笑)。

——楽しみにしています! それでは最後に、今後の予定などをお知らせください。

個人では、9月13日に青山Zeroでパーティーをオーガナイズします。5月に僕のバースデーパーティを主催し、4時間のDJセットを行ったんですが、その場にいたみんながハッピーな気持ちで音楽を楽しめた空間になったんじゃないかなと思っています。でも、今回のパーティーに関しては、あえて詳細を明かさないようにしているんです。ゲストとして誰かを迎えるかもしれないし、僕の1人セットになるかもしれない、その場に来ないと分からないサプライズなイベントにしたいなと。アングラ・レコードマニア的なアイデアだと思いますよ(笑)。僕が主にプレイする音楽はメジャーとは言い難いものばかりですが、青山ZEROの最高なサウンドシステムに身を委ねればきっと、ピュアな音楽体験と楽しめるはず!

また、PRIZMAXとしては、年末12月29日に豊洲PITでのワンマンライブが決まりました! その時はもちろんレコードマニアな一面は隠して、ダンス&ボーカルユニットのメンバーとしてきっちりパフォーマンスします(笑)。4月に新体制でリスタートしたPRIZMAXの未来を感じさせられるようなライブにしたいと思っています。


申込者へのプレゼント用のメッセージカードも記入してもらいました。

  • 社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

  • 島田翼(PRIZMAX)

  • TOMOMI(SCANDAL)

  • 荒田洸(WONK)

社長(SOIL&”PIMP”SESSIONS)

SOIL&"PIMP"SESSIONSのアジテーター。ジャズの枠組みを超えたパンキッシュでエネルギーに満ち溢れたパフォーマンスは世界中で高い評価を受け、数多のビッグフェスティバルに出演中。また、社長のもう1つの顔であるDJは、96年より活動を開始。ジャズを軸にしながらジャンルの壁を超えた選曲で、高揚感に包まれたフロアを演出している。 近年では様々なアーティストへの楽曲提供やリミックスを行うなど、作曲者・プロデューサーとしての能力も評価されている。さらに今年7月に地元福井にて初開催された「ONE PARK FESTIVAL」の音楽顧問を務めた。 INTERVIEW

島田翼(PRIZMAX)

神奈川県・横浜市出身。フランス人を祖父にもつクォーター。ミャンマーを中心とした海外での人気も高い国際派ダンス&ボーカルユニット・PRIZMAXのパフォーマーとして活躍中。 INTERVIEW

TOMOMI(SCANDAL)

1990年、兵庫県出身。2008年にガールズバンド・SCANDALのベース & ヴォーカルとしてメジャーデビュー。
国内外問わずに多くのフォロワーを持ち、世界中でコンサートを行っている。
2019年にはSCANDALのプライベートレーベル「her」を設立。 INTERVIEW

荒田洸(WONK)

東京発のソウルミュージック・バンド。メンバーはKento NAGATSUKA(vo)、Ayatake EZAKI(key)、Kan INOUE(b)、Hikaru ARATA(ds)の4名。ジャズを背景にネオソウルやヒップホップ、ビート・ミュージックなどの要素を注入した現代的感覚のサウンドが特色。2013年に始動し、2015年のフリー・アルバム『From The Inheritance』や独創性の高いライヴが話題となり、翌年に1stアルバム『Sphere』を発表。ラヴ・エクスペリメントとの共作『BINARY』などを経て、2018年にリミックス作『GEMINI:Flip Couture #1』をリリース。 INTERVIEW

  • 大槻ケンヂ

  • 江島啓一(サカナクション)

  • THREE1989

  • 真行寺貴秋(BRADIO)

大槻ケンヂ

1966年東京生まれ。筋肉少女帯のボーカルとして活躍する他、バンド“特撮”、ソロプロジェクト“大槻ケンヂミステリ文庫”としても活動中。 テレビ・映画の出演や小説、エッセイの執筆など多岐に渡る活動を続けている。 2018年にはデビュー30周年記念のアルバム「ザ・シサ」を発売した。 INTERVIEW

江島啓一(サカナクション)

北海道 札幌市出身。
サカナクションのドラマーとして2007年にメジャーデビュー。2019年には全国アリーナにて6.1chサラウンドシステムを導入したツアーを実施。6月には6年ぶりとなるニューアルバム「834.194」をリリース。DJとしても、サカナクション山口一郎が発起人として恵比寿LIQUIDROOMにて開催されている音楽と様々なカルチャーが混ざり合うイベント「NF」への出演や渋谷EN-SOF TOKYO にてMAA氏と共に企画を立ち上げ活動している。 INTERVIEW

THREE1989

西暦1989年生まれの3人で構成されたエレクトロバンドTHREE1989(読み:スリー) Shohey(Vo)の圧倒的な歌唱力と美声、Datch(DJ)が生み出す、時にアッパーで時にディープなグルーヴ、Shimo(Key)の様々な楽器を使いこなす高いアビリティを駆使しパフォーマンスを行う。 1970~80年代のR&B、ジャズ、ロックなどに感銘を受けたメンバーが創り出す、現代的なサウンドの中に当時の懐かしさを感じる、ニューノスタルジックな楽曲が特徴。 INTERVIEW

真行寺貴秋(BRADIO)

日常の世界(Rule)に、素敵な時間・空間のイメージを加え(Do Image On)、良き変化(Break)を与えるがバンド名の由来であり「日常に彩りを加えるエンターテインメント」をコンセプトに結成された真行寺貴秋(Vo)、大山聡一(G)、酒井亮輔(B)からなるファンキーなバンド BRADIO。『音楽って素晴らしい』を共有したい。Are You Ready Funky Party People!!2010年結成。2017年10月シングル「LA PA PARADISE」でワーナーミュージック・ジャパンからメジャーデビュー。2018年7月に最新アルバム「YES」をリリースし、9月からは全国21都市をめぐるアルバムツアー「YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜」を開催。2019年5月からは初となる47都道府県ツアーをスタートさせる。 INTERVIEW

新羅慎二(若旦那)

2003年に湘南乃風のメンバーとして「若旦那」名義でミュージシャンデビューし、 2011年よりソロ活動をスタート。自身のアーティスト活動の他にもプロデュースや作詞という形で加藤ミリヤ、関ジャニ∞、JAMOSAといった様々なアーティストの作品に参加。2018年からは本名「新羅慎二(Nira Shinji)」名義での活動を始めた。2018年12月に上演されたフラメンコ舞踊劇「Ay 曽根崎心中」への出演をきっかけに、フラメンコのカンテ(唄)での表現を追究している。2017年には本格的に俳優としての活動をスタートさせ、テレビドラマや映画、舞台にも出演。ラジオパーソナリティや漫画原作、雑誌『BARFOUT!』や『SENSE』での連載、イラストや絵画にも表現の幅を広げて活動。さらにムコ多糖症候群患者の支援活動や自然災害被災地の支援活動を継続的に行っている。 INTERVIEW

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

アーティスト。1992年、神奈川生まれ。音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」でのミュージシャン活動の他に、映画『猫を抱くもの』に出演するなど、モデルや女優、ナレーターなど様々なジャンルで活躍。2018年6月、EP「ガラパゴス」をリリース。同ツアーではアジア10都市を巡るなど、海外にもフィールドを広げている。 INTERVIEW

D.A.N.

2014年に、櫻木大悟(Gt, Vo, Syn)、市川仁也(Ba)、川上輝(Dr)の3人で活動開始。いつの時代でも聴ける、ジャパニーズ・ミニマル・メロウをクラブサウンドで追求した音楽を展開。2015年、16年には、FUJI ROCK FESTIVALへ出演。ほかにもジェイムス・ブレイクやザ・エックス・エックスといった海外アーティストの来日公演でオープニング・アクトを務める。2017年には、初の海外公演をロンドンで行い称賛を浴びる。また、滞在中にフローティング・ポインツのスタジオで制作活動を行い、ジャイルス・ピーターソンのラジオ番組Worldwide FMにも出演している。2018年にはセカンドアルバム『Sonatine』をリリースした。 INTERVIEW

Ovall

Shingo Suzuki(ベース)、mabanua(ドラム)、関口シンゴ(ギター)によるトリオバンド。2009年、アルバムリリース前にも関わらず朝霧JAMに出演。翌2010年3月にファーストアルバム『DON’T CARE WHO KNOWS THAT』をリリース。iTunes HIP-HOPチャートで1位。タワーレコード bounce 年間チャートで総合8位を記録。2013年にOvallとしての活動を休止し、ソロ活動に専念する。2017年に活動を再開し、2018年に、FUJI ROCK、RISING SUN、GREENROOM、Sunset Liveといったフェスに多数出演。また、台湾での単独公演も成功させる。また、映画「ハード・コア」の劇伴やエンディングテーマ「なだらかな夜 feat. Gotch」、テレビ朝日系ドラマ「dele」の劇伴にも参加。 INTERVIEW

Yuka Mizuhara

モデルとして国内のファッション誌をはじめ、パリコレクションに出演するなど、 注目を集めているモデル / DJ。インスタグラムのフォロワーは約40万人と、 同世代の女性たちからも支持が高い。DJとしての活動の場も広げて、 英・NTS RADIOにも出演しDJミックスを配信している。 INTERVIEW